Ptengineの管理画面が表示されない原因と対策

 

 

データ解析ツールの有名どころとしてGoogle Alalyticsが挙げられるが、

 

アクセス分析ツールの一つとして、Ptengineも認知されてきたように思う。

 

このPtengine、世界中で13万のアカウントに利用され、SUBARUやライザップといった有名企業にも採用されている。

 

このことからも、今後も勢力を拡大させていくことは確実だろう。

 

その最大の強味は、サイト訪問者の目線を可視化できる「ヒートマップ機能」だ。

 

さっそく当ブログでもヒートマップを導入すべく、Ptengineのプラグインをダウンロード。

 

ユーザー登録を済ませ、いざ管理画面へ!

 

ところが問題発生。

 

管理画面が真っ白でなにも表示されない。

 

 

データが蓄積されていないのかな。

 

そう思い2~3日ほど放置して、ふたたび管理画面をのぞいてみる。

やはり何も表示されない、ただのしかばねのようだ。

 

しかし、管理画面はこの状態でも、Wordpressから閲覧できるDataCenterは何の問題もなく作動している。

 

 

このことから考えて、Ptengine自体に問題があるということは少し考えにくい。

 

ネットで同じような問題に直面した人がいないか探すも、トラブルシューティング的な記事を書いている人があまりいないのが実情。

 

諦めてUserHeatとか他のヒートマップツールを使おうかなと思っていたとき、

 

Google Adsenseを導入した時のことを思い出した。

 

Google Adsenseを登録したはいいけれど、同じく管理画面にアクセスでき中なった時期があった。

 

その時の解決法はすぐに見つかった。

 

やはりGoogle Adsenseレベルになると利用者が多いから、そのぶん原因と対策の記事が簡単に見つかる感がある。

 

ともあれ、原因はIE (Internet Explorer)からログインしたからだった。

 

どうもGoogle Adsenseは、IEから入るとうまく作動しないらしく、Google Chromeを通してログインしないといけなかったのだ。

 

それを踏まえて、今回もIEではなく、Google Chromeから入ることに。

 

すると、いとも簡単にログイン画面にたどり着いたではないか。

 

これで原因ははっきりした。

 

Ptengineの動作不良の原因はIEだったのだ。

 

でも公式ではIEでも使えるって書いてあったんでけどなぁ。

 

バージョンが古いのかな?

 

 

ともあれ、念願のヒートマップ機能も健在。

 

 

一般的にヒートマップツールは、各ページ50~100PVほどデータが蓄積するのを待たなければならない。

 

しかし、Ptengineは数日でヒートマップを作成できるのだ。

これでデータが正確という評価を受けているのだから、Ptengineが好まれるのも分かる。

 

今後ネタのためにUserHeatを取り入れるつもりではあるが、

 

この弱小ブログで1ページに100PVも集まるのを待つなんて、何週間かかるのやら…。

 

コメント