URL変更が原因の404エラーを簡単リダイレクト設定

 

 

出くわすとテンションが下がる 404 not foundですが、自分が運営しているブログやサイトで発生したら嫌ですよね。でも、わりと頻繁に起こります

 

例えばブログ運営していて、

 

URLを変更したい…。

 

って思うこともあると思います。

 

でも、一度パーマリンクを設定したら変更するは面倒です。解決策を探して他の方の記事を読んでいると、

 

まずサーバーに接続し、トップディレクトリにある.htaccessファイルを開いて書き換えて…。

 

という風に圧をかけてきます。しかし、そんな事しなくてもパーマリンクを問題なく変更できる方法を見つけました。しかも “Simple 301 Redirect” プラグインをインストールするだけ。今回はその方法を紹介します。

 

スポンサーリンク

そもそもURLやパーマリンクって何?

 

簡単に説明すると、ネット検索してサイトに着いたときに左上に出ている赤い部分。

 

 

 

パーマリンクはその後半。

 

 

WordPressのパーマリンク設定をデフォルトの【基本】にしている場合、パーマリンクを自分で決められません。場合によってはURLに日本語が混じって、文字化けして下の画像のようになります。

 

 

タイトルがめちゃ長くなっています。ボクはこれを短くしたかったのでパーマリンク変更を決意しました。

 

WordPressのパーマリンク設定を【基本】から【投稿名】にすることで、パーマリンクを自分で決められるようになりましたが、設定を変えたことで、これまで使っていたURLが使えなくなり、今まで書いた記事の全てが404エラーを起こしました

 

どうやって解決するの?

 

まずはパーマリンクを変更します。

 

例として、オーバーロードの「アレ英語で何ていうの?」という記事のパーマリンクをpost-255からoverlord-in-englishにしましょう。Wordpressのダッシュボードから投稿一覧に行きます。

 

 

変更したい記事のクイック編集をクリック。

 

 

スラッグをクリック、パーマリンクを変更して更新ボタンを押します。これでパーマリンクを変更できました。

 

しかし、これではすでにネットに上がっている旧URLは中身が無い状態となり、404エラーが出ます。そこで、プラグイン “Simple 301 Redirects” の出番です。

 

まずはプラグインをインストールして有効化。設定画面で旧URLと新URLを記入する項目があるので、それぞれ埋めます。

 

 

左側は旧パーマリンクのみを入れて、右側は新URLを全部入れます。

 

これで保存ボタンを押したら、ネット上にある旧URLをクリックされたとき新しいURLに飛ぶようにセットされました。

 

URLを記入するとき、細かい部分をタイプし忘れて、404エラーが直らないということがあります。よく確認して設定しましょう。

 

注意して頂きたいのが、このプラグインはWordpressのサイト同士のみで使えるという事です。つまり、はてなブログやFC2ブログで書いた記事をWordpressのサイトにリダイレクトできません

コメント