自転車での通勤はどのタイプが最適?メリット・デメリットを考える

 

交通費を浮かせるだけでなく、ダイエットも兼ねて自転車通勤している人もいると思います。

 

これから自転車で通勤しようと考えている方、もしくは自転車を乗り換えようかなと考えいる方はこう思うことでしょう。

 

「どのタイプの自転車を選ぼうかな」と。

 

結論を言うと、自転車通勤するならばクロスバイクが一番良いとボクは思いますが、環境によって選ぶ自転車も変わることでしょう。

 

そこで今回はどの自転車で通勤した方が良いか、それぞれの自転車のメリット・デメリットを見て行きます。

 

スポンサーリンク

・ママチャリ

 

最初に候補として挙がるのがママチャリだと思います。

 

自転車を購入する際に最も出費を抑えられ、地形が平坦、自宅から職場までの移動距離が10km以内ならばママチャリでも通勤は可能です。

 

また、ママチャリでもカゴを取り外し、シートポストを上げることでママチャリ特有の乗りにくさを軽減でき、少ない力で早く移動できるようになります。

 

しかし、スポーツ用の自転車と比べてギアに制限があり、20kg近い重量があるので登り坂が多いエリアに自宅、または会社がある場合は自転車で登り切るのは相当な体力が必要になるでしょう。

 

また、意外に語られないのがカゴに重心が偏る脅威です。

 

前かごにカバンなどを入れて走ると、ハンドリングに支障をきたすことが多く、ダンシング(立ち漕ぎ)をすると顕著に現れます。

 

ちょっとした障害物を避けようとした際に予定よりもハンドルを切ってしまい、そのまま転倒するという事もあります。

 

メリット
・購入費、維持費が一番安い
・ポジションをセッティングすればある程度乗りやすい
・平坦な地形ではママチャリの重さは気にならない
デメリット
・登り坂では鉄の塊と化す
・筋肉を使う範囲がスポーツ自転車と比べて少ないのでダイエットには不向き
・カゴに荷物を置くと重心が前に寄って立ち漕ぎが危ない

・マウンテンバイク

 

カッコいい自転車は憧れるけど、ロードバイクはちょっとオーバーかな。

 

そう思ったら、次に考えるのはマウンテンバイクではないでしょうか。

 

マウンテンバイクは見た目はかっこよく、普通に走る分にはロードバイクよりも抵抗が少ないので、自転車通勤用として乗る分には爽やかで良いように思えます。

 

しかし、ボクはマウンテンバイクを絶対に通勤用として選びません(笑)

 

そもそもマウンテンバイクは舗装された道路を走るようにデザインされていません

 

ごつごつしたタイヤ、衝撃を吸収するサスペンションは大岩やキツい傾斜でピタッとグリップできるように設計されており、平坦で何もない道路ではむしろ必要ない機能なのです。

 

マウンテンバイクを所有している人は道路を走っているとき「ゴーーー」という音を聞いたことがあると思います。

 

あれはタイヤが道路をグリップしている音ですが、極端な話、あの音がしている分だけ推進力が妨げられているのです。

 

サスペンションも同様です、サスペンションが食い込むたびに前に進む力が相殺されて、結果的にスピードが遅くなるのです。

 

でも、荒い乗り方をする人はマウンテンバイクくらい頑丈な方が良いんじゃないか?

 

たしかにマウンテンバイクは一番衝撃に強いですが、通勤程度の今日ではまず間違いなくマウンテンバイクほどの強度は必要ありません。

 

パリ・ルーベのように石畳をロードバイクで走るレースがあるように、通勤過程で段差を段差やデコボコ道を速いスピードで走るくらいならば、一番強度が低いロードバイクでも問題なく走ることが出来るのです。

 

メリット
・スポーツ車だからカッコいい
・極端な山道を走る分には最適
・平坦では体力を使うため良い運動にはなる

 

デメリット
・舗装された道路で走るように設計されていない
・平坦な道ではタイヤやサスペンションがスピードを殺す

 

・ロードバイク

 

自転車にハマったら一度は購入を考えるのがロードバイクです。

 

通勤用として利用している方も多く、実際に職場まで遠くとも快適に移動することが出来ます。

 

全身の筋肉を使えるようにデザインされていて効率的に運動が出来る上に、趣味としてツーリングが出来ることもロードバイクの良い所です。

 

しかし、初期投資で躊躇してしまう確率が高いのもロードバイクが一番多いと思います。

 

長く乗れるロードバイクを手に入れるには10万円くらい必要ですし、維持費はオートバイや車と比べてたかが知れているものの、高いコンポやアクセサリを集め始めると、速攻で金欠になります(笑)

 

もっとも、趣味として楽しめているならば実益とかねて一石二鳥なので、総合的に考えると安いのかもしれませんが。

 

また、自転車を置く場所を考えなければなりません。

 

部屋に置いておく分には問題内ですが、職場の駐輪場に置いておくと盗難の被害に遭うこともあります

 

ボクはそれが怖くて通勤ではロードバイクを使いません。

 

職場に近いレンタルルームを契約して、仕事中はそこに置くという人もいますが、さすがにそこまでやろうとは思えませんよね。

 

 

メリット
・ザ・スポーツ車として憧れである
・長い距離を快適に走れる
・そのまま趣味としても楽しめる
デメリット
・お金がかかる
・盗難の可能性が上がる

・クロスバイク

 

結局のところ、クロスバイクが通勤に一番向いていると思います。

 

それぞれの自転車の良い部分を取り入れた様なクロスバイクは、普段使い、ツーリングなど幅広い用途で使えますし、初期投資もロードバイクなどのスポーツ車よりも低く抑えられます。

 

また、ポジションもママチャリよりも自由に変更できるので全身の筋肉を使って走れる上に、ギアもしっかり枚数をそろえているものが多いので、登り坂でも強度に合わせて最適なギアを選べます。

 

オールラウンドに使えるので、これといったデメリットも思いつきません。

 

メリット
・ママチャリに比べて多くの筋肉を使って走れるので良い運動になる
・初期投資を低く抑えられる
・それなりに速い速度で巡行できる
デメリット
・通勤用に使う分には特になし

 

結論:ボクはクロスバイクを選ぶ

 

以上、それぞれの自転車のメリット・デメリットを検証してどれが一番通勤に最適かを語りました。

 

記事の流れ的に最初っからクロスバイクを贔屓している感がありますが、クロスバイクを通勤用に推すのは様々な自転車に乗ったことがある方ならば概ね賛同してくれることでしょう。

 

とはいえ冒頭で述べたように、身の回りの環境によって最適な自転車は変わると思うので、メリット・デメリットを踏まえた上で自転車を選びたいものです。