パンクでないのに自転車タイヤの空気が抜ける3つの可能性

 

自転車に乗ろうとして、何の前触れもなくタイヤの空気が抜けている事がありませんか?

 

出かける時に気づいたらテン下げですよね。

 

パンク修理の心得がある方は自力で直すことも出来るでしょう。しかし、この手の空気漏れはたまにこういった事が起こります。

 

タイヤチューブに穴が空いていない…だとッ…!?

 

どうすればいいんだっていう話ですよね。

 

今回はパンクでないのに自転車タイヤの空気が抜ける3つの可能性と対策を紹介します。

 

スポンサーリンク

・チューブによっては空気をホールドする期間が短い

 

10日くらい乗らないで、いざ自転車に乗ろうとすると空気がほとんど入っていないというパターンです。経験的にロードバイクなど競技用自転車に多いような気がします。

 

いや、流石に10日で空気が抜け切ることは無いでしょう。前のタイヤチューブではこんなこと無かったし。

 

確かにタイヤチューブはおしなべて数週間ほど放置しても空気が抜けないよう設計されています。

 

しかしチューブによって空気をホールドできる期間に差があるのは事実で、とくにレースなどで使われる軽量のタイヤチューブは2~3日で抜けるのは普通です。

 

トラックレースなどで使われるチューブラータイヤに至っては毎回空気を入れるのが普通です。

 

それを知らずに一週間とか10日くらい乗らずにタイヤを確認すると「あ、パンクしてる」と誤解しまうのです。

 

この場合はパンクでも何でもなく、タイヤチューブの空気を閉じ込められる期間がただ短いだけなのです。

・実は(スロー)パンクしている

 

パンクにはスローパンクといって、目に見えないくらい小さな穴が空いて、そこから2~3日くらいかけて徐々に空気が抜けることが起こります。

 

じつは何度もパンク修理している方がコレを見抜けない事があるのです。

 

水にタイヤチューブを沈めて気泡が吹き出している所から穴を見つけるのがベーシックなパンク修理の方法ですが、経験者は手や唇で穴を探します。

 

その時に穴が小さすぎて見つけられず「パンクしてないじゃん」と修理せずにそのまま使い、また2~3日して空気が抜けるという無限ループが繰り返されるのです。

 

ふだん使っているタイヤチューブが突然2~3日のペースで空気が抜けるならスローパンクの可能性があるので、水に浸すなりして念入りに穴を探した方が確実だと思います。

 

・虫ゴムが劣化している

 

英式のタイヤチューブを採用しているママチャリに当てはまります。

 

ママチャリのタイヤチューブは虫ゴムと呼ばれるゴムの栓が埋め込まれていて、それで空気が漏れないようにしています。

 

【参考】自転車のタイヤキャップは必要ない?じゃあ何のためにあるの??

 

 

この虫ゴムが雨や経年などで劣化するとゴムが固くなり、空気の密閉率が落ちます。虫ゴムが原因の場合は数分で空気が抜けるので、前日は乗れていたのに翌日に空気が抜けていた、という場合はこれを疑いましょう。

 

虫ゴムは百均でも販売していて初心者でも簡単に交換できるので、年に一度の頻度で交換すれば虫ゴムが原因の空気漏れは防ぐことが出来るでしょう。

 

まとめ

 

以上、パンク以外の理由で空気が抜ける可能性と対策の紹介でした。

 

一部の自転車屋さんは、上記のようにいくつかの対策があるにも関わらず、新しいタイヤチューブと交換するという選択肢を好みます。

 

スローパンクだったら穴が見つかるか分からない、そもそも穴が1つとは限らない、パンク修理している時間がもったいない、いちばん確実などなど、ある程度しかたない面もありますが、新しいタイヤに交換するので工賃が高くなります。

 

自力で直すのが一番安く済みますので、コレを機に幾つかのポイントを覚えておくのも良いかもしれません。

コメント