ランサーズでシルバーランクになったから、なれる方法とメリットを記す

 

まだ2件しか案件を請け負っていないんですけれども、ボクも晴れてランサーズでシルバーランク認定されたました。

 

つい最近ランサーズを始めたばかりなのでまだ分からない事もありますが、せっかくなれたことですし、この体験を通してシルバーランクになる方法と実感したメリットを書いて行きます。

 

 

スポンサーリンク

・ランサーズの“ランク制度”ってなに?

 

 

クラス制度とは、ランサーズが設けた各種認証状況や実績に応じてランクが付与される制度のことです。

 

早い話、身分証明書の提出や秘密保持の誓約書にサインした人に与えられるブランドのことです。

 

これを持っている人に仕事を頼むという事は「仕事を頼んだのにバックレて音信不通」とか「出来るって言ってたのにやっぱり出来ないと言い出した」という発注者が危惧する事態を避けることが出来ることを意味します。

 

また、受注者からすればランサーズからお墨付きを貰うわけで、その分仕事を受注しやすくなるように公式が色々と手回ししてくれるようです。

 

・どうやってシルバーランクになれるの?

 

まず、レギュラーランクになるには以下の条件を求められます。

 

● 以下の各項目が登録済み・表示名
・プロフィール画像
・自己紹介300文字以上
・スキルセット、ポートフォリオ、出品サービスのうちいずれか1つ
・ビジネス経験(一般公開またはランサーズ会員のみ公開とする場合)、資格のうちいずれか1つ
・本人確認
・機密保持確認
・電話確認● 最終ログインが1ヶ月以内

つまり、プロフィールをすべて書いて、身分証明書や電話確認など身元を特定できる情報をランサーズに提出する必要があるのです。

 

これに加えてシルバーランクになるには以下の条件が必要です。

 

●プロジェクト方式の仕事受注1件以上

●過去1年間に受注したプロジェクト方式の仕事のうち、納品まで完了した仕事の割合が90%以上

●過去1年間の平均評価が4.8以上

●24時間以内のメッセージ返信率80%以上

 

要するにレギュラーランクの状態でプロジェクトを一回請け負い、その成果で高評価をもらう必要があるという事です。

 

しかし、お気づきかもしれませんが、この条件は最初の仕事で高評価を貰えれば、それだけでシルバーランクになれる可能性があるのです。

 

実際に、ボクも第一回目の案件で高評価を頂き、そのおかげでレギュラー、ブロンズを飛び越してシルバーランクになれました。

 

・シルバーランクにどんなメリットがあるの?

 

ランクを持っていないランサーと比べて、ランクが付与されると提案の時点で差がつきます。

 

実は、発注者はランクを持っていない人の提案が表示されないように初期設定されているのです。

 

これは設定画面で変更できるようですが、それに気づかず「ランク無しランサーの提案を今まで完全スルーしていた」という事が実際に起こっています。

 

特に初めてランサーズを使う発注者に多いようで、相場が分からず比較的高額な報酬を出してくれるチャンスを、ランク無しランサーはみすみす逃すことになるのです。

 

もったいないですね。

 

・最上位ランク”認定ランサー”になるには?

 

シルバーランクの上に”認定ランサー“がいます。

 

これはシルバーランクの条件に加えて、報酬金額が上位20%という条件が付きます。

 

認定ランサーになると、当然クライアントから直接依頼があることはもちろん、ランサーズ案件担当から直接連絡が来て、仕事を斡旋してもらえたりするようです。

 

ちなみに、

 

報酬金額が上位20%ってどのくらいだよ?

 

って思うかもしれませんが、他の方のブログを読んでみると、どうも5~10万円あたりで認定ランサーの称号を得たというのが目立ちます。

 

専業でやれば簡単にイケそうな額ですね、ボクはやらないけど。

 

まとめ

 

以上、シルバーランクになる方法をメリットの紹介でした。

 

ボクは小遣い稼ぎとしてランサーズを利用することにしましたが、ランサーズは上手くやれば儲かる働き方だと思います。

 

そのためにもランク制度で信用を獲得するのは不可欠でしょう。

 

認定ランサーとまでは行かなくとも、シルバーは言われた事をきちんとやればイケる条件ですので、出来れば狙いたいクラスです。